スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
僕の、世界の中心は、君だ。


チャ・テヒョンとソン・ヘギョ主演。
『世界の中心で、愛を叫ぶ』の韓国バージョンですな。
20代半ばから30代にさしかかろうとする二人が
高校生の役って・・・。
まぁ、韓国映画では当たり前のことですが、
二人ともそう、違和感はなかったような・・・。
ソン・ヘギョのほうがちょっと無理があったか、とは思うけど。

内容のほうは『セカチュー』とそう変わりませんが、
微妙に少しずつ違ってる部分もあります。
「助けてくださ〜〜〜〜い」はなかったけど。

雰囲気は日本の映画版やテレビドラマ版とそう変わらなかった。
日本版とは違って
成長した姿も本人も演じているので
違和感なく、見られたのは良かったと思う。

お母さんの役は四季シリーズでもおなじみのキム・ヘスク。
脇もしっかり固めているけれど、
もう少し出番があっても良かったかな、と。
そこがもったいない。
| 韓国映画 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(2) |
青春漫画


しかしこのタイトルはどうかと・・・・

クォン・サンウとキム・ハヌルの共演作としては『同い年の家庭教師』以来2作目。
前回もコメディーでしたが
今回も、シリアスな場面もあるけれど、基本はラブコメディーとしてみてもいいだろう。
この二人だと
なぜだか安心して観れますね。
キム・ハヌルの演技がいいです。
この人は絶対ラブコメのほうが似合う。
シリアスなものもいいけど、しばらくはラブコメ街道突っ走ってもらいたいなぁ〜。

内容自体は
この二人でなければ見なくてもいいかもってくらいの内容。
あまり中身ないよね。
幼馴染がけんかしながらも
実はお互いのことを好きで、
一方(サンウ)の怪我で本当の気持ちを分かり合えた、っていう良くあるパターン。
でも、二人だから許す。
まぁ、サンウのちょっとしたアクション、ハヌルの笑顔、サンウのおかっぱ頭
ハヌルの急所蹴りが見られただけで良しとします。
| 韓国映画 | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
連理の枝 


チェ・ジウ&チョ・ハンソン主演。

プレイボーイのミンスが恋に落ちた女性は難病で余命少ないへウォンだった。
へウォンと出会い真実の愛に目覚めるミンスだが
運命は過酷なものだった。

相変わらずジウ姫泣きます。
涙の女王のショウゴウは誰にも渡さないっ!ってほどの意気込みです。
内容自体は韓国映画によくあるパターンで
やっぱり片っ方が死んでしまうメロドラマ。
出会いのパターンからもうまったく韓国映画。
そんな偶然、まぁあるかもしれないけどさ、
展開も何本も韓国映画を見てくると分かっちゃうんだけど、
でもやっぱりはまるんですわ。
ジウ姫でなかったら観ないんだろうけどな。

しかし、意外な話しの展開もあり、ただその展開をもっと活かして欲しかった。
連理の枝と言うタイトルなんだから、
二人が連理の枝になるような結末で持って言って欲しかったな。
そういう伏線のつもりだったと思うんだけどな。
ミンスのあの事実は・・・。

チョ・ハンソンがどうしても志村けんに見えてしまうのね・・。
| 韓国映画 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
B型の彼氏


運命の出会いを信じる純粋な女子大生ハミは、間違いメールの相手ヨンビンと
偶然に出くわしたことから、ヨンビンこそが運命の相手だと信じ込んでしまう。
だが、ヨンビンは"恋人にしたくない男性ナンバーワン"と言われるB型男。
慎重なA型のハミは、予測不可能なヨンビンの行動に戸惑いを覚えながらも、
その大胆で積極的な性格に次第に魅了されていく。従姉の妨害工作を乗り越え、
ヨンビンとの奇想天外な日々を楽しんでいたハミだが、彼の身勝手な行動に
傷つくことも多く、ついに別れを決意する。だがヨンビンには、
そんな不可解な行動を取ってしまう秘密があって…。

B型ってそうなんだ〜ってかんじですね。
確かに日本人もB型ってそういうところがあるかも。

あんまり面白くなかったなぁ〜。
90分ほどの短い映画だったし、
展開が速すぎたかな。
くっついたり離れたりめまぐるしかった、って印象です。

従姉妹のB型の男に会わせないようにしようとする
妨害工作が微笑ましかったです。
しかし、そんなことまでするか!?って思いましたね。
結局韓服着て出て行っちゃってるし。

ハン・ジヘが大塚寧々に見えて仕方がなかったです。
| 韓国映画 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(5) |
英語完全征服


久々更新です。

韓国映画です。
地味な公務員ヨンジュは、役所でひとりぐらい英語はできないと…と
英会話スクールにいくことを余儀なくされる。
しかしそこには、お調子者のムンスがいた。
彼にひとめぼれしたヨンジュは、なんとか英会話を上達させて、
ムンスに認めてもらおうとするが、肝心の彼は、金髪の英語教師に夢中だった。

ヒロインのヨンジュは妄想癖があるなど、思い込みも激しい性格で、
ゆえにムンスへのアタックも強烈。
思い切り当たって粉砕されてしまうヨンジュがなんともおかしいのだが
ちょっと考えれば、自分のカンチガイだってことも分かりそうなものなのに。
まぁ、そこでカンチガイだったで終わらせると
話は続かないんだけど・・・。

主演のイ・ナヨンってこんなコメディも出来るんだ、って言うのが感想。
まぁ、『フー・アー・ユー?』しか見てないけど、
全然印象が違ってました。
こっちのキャラの方がかわいくて好きです。
ムンス役のチャン・ヒョクは『僕の彼女を紹介します』でも
爽やかなでもちょっとドジな役回りだったけど、
ここでもそんな感じです。
嫌味なく演じているので好感が持てるかな、と。

笑いあり、そして涙もあり、面白い映画でした。

でも、韓国人の話す英語って
小さいうちから習ってれば別だけど、
大人になってから習うと日本人よりへたくそかも。
まぁ、そういう風にしてるのかもしれないけど、
発音変だよね〜(笑)
| 韓国映画 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひとまず走れ!


クォン・サンウ
ソン・スンホン 主演。

空から大金と男が降ってきた。
3人は大金をせしめようと画策。
結果、刑事からも泥棒からも殺し屋からも追いかけられる。
で、ひとまず走って逃げちゃうの!

ソン・スンホンとクォン・サンウがどうしても高校生には
見えない・・・。
設定に無理はあるけれど、
日本でも人気のある二人なので
おそらく韓流の波に乗った人(特にオバちゃん)には
受けがよろしいかと。

魅力的な女性キャラが登場しないのが難だけど、
そこはまぁ、男のドラマ(男の子か・・・)ということで。

割と面白く見ることができました。
| 韓国映画 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(1) |
ピアノを弾く大統領


チェ・ジウが『冬のソナタ』を撮り終えた後に
撮った作品。

高校教師のチェ・ジウが赴任早々注意した生徒の親が
大統領だった!
その後、色々あって
大統領と恋に落ちるチェ・ジウ。

しかし、約90分の長さだったので
最後の方は端折り過ぎの感が・・・。
もう少しじっくり描いてもよかったんじゃないかと
思いました。

でもチェ・ジウは相変わらずおきれいでした。
| 韓国映画 | 12:38 | comments(0) | trackbacks(6) |
オオカミの誘惑


イカにも韓国らしい最後。
こんな恋愛物には欠かせない不幸。
見てて先の展開が読めてしまうのも
韓国ドラマらしいところ。

一人の女子高生に二人の男子高校生が惚れる
でも、一人は腹違いの実弟だった!!!
衝撃!(でも韓国ドラマには不可欠な要素)
で、そいつは思いを秘めたまま
逝っちゃう、みたいな。
30超えた男が見るには
ちょい、いや、かなりにあわねェ〜〜〜映画でした。

でも、主演の一人
イ・チョンア(女子)が
デビュー当時の斉藤由貴に似ててツボにはまった。

割と面白い映画でした。
| 韓国映画 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
フー・アー・ユー?


あらすじ
 ゲームプランナーのヒョンテ(チョ・スンウ)が手がけるチャットゲーム「フー・アー・ユー?」はオープン間近。掲示板で悪口をいうID「ピョリ」が、実は同じ建物の水族館ダイバー、インジュ(イ・ナヨン)だとわかると、取材のフリをして会いに行く。ゲーム中で「メルロ」としても彼女に接するうちに、好きになるヒョンテ。ふたりが同一人物とは知らず、メルロにしか心を開かないインジュ。ヒョンテは本当のこと話すため、ついに会う約束をするが・・・。

 全体的に画面が暗くてちょっと見づらかったのが難ですね。

 『ラブストーリー』『マラソン』に主演したチョ・スンウ主演。

 架空のゲームの世界で知り合った二人が本当の恋人になれるのか?
 でも、一方はリアルな相手を知ってて、もう一方はそのことを知らない。
 それで一方が恋心を抱いても、もう一方は素直にその愛に応えることができるのか?
 普通はできないだろうな・・・
 騙されてるとはいわないまでも
 なんか、心情的に嫌だ。
 この作品でもインジュはヒョンテの告白に戸惑い、拒絶するけれど、
やっぱりゲームの中で自分のことを晒しだすことができた相手なだけに
ヒョンテのことを最終的には受け入れるかのような幕切れ。
 ちょっとご都合主義なところもあるけれど、
 インジュ役のイ・ナヨルとヒョンテ役のチョ・スンウの演技のおかげで
それも許せるかな。

 水族館勤務だったんだから、もう少し癒し系の映像を入れて、
画面を明るくしてくれると、もっと良かったかな。
 
 
| 韓国映画 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
恋する神父


クォン・サンウ  ハ・ジウォン 主演。

神学生のギュシクはひょんなことから1ヶ月の精神修行に送られる羽目になる。
そこで、出会ったアメリカ帰りのポンヒ。
ふとしたことでファーストキスを奪われてしまったギュシクは
ポンヒのは神をも恐れぬ行動に振り回されることになる・・・・。


1ヶ月という短い期間で、
恋に落ちるということは良くあることだけど・・・。
そのためにあれほどなりたいと願っていた
神父の道を諦めるのはどうかと・・・。
まぁ、その辺がこの映画の弱いところかな。
ギュシクが神父への道を諦めて、恋に走る相手のポンヒの
魅力がきちんと描ききれていないような気がする。
だから、ギュシクに感情移入もできないし、
その取った選択は正しいはずだ!と思えないんだよな〜。

もし、ポンヒがもっと魅力的に描かれていたら、
ギュシクの取った行動にも納得はいくんだけど、
所詮出会って1ヶ月で、それまで積み重ねてきたものを
捨て去ることができるのか?疑問。
ギュシクの苦悩する姿を、もう少し描けばそれも理解できたかもないけれど、
それも中途半端。

サンウとジウォンの魅力だけでもっているけれど、
話的にはもう少しがんばれ、と言いたくなる作品でした。

ってか、神父はずっと独身でいなくちゃいけないんだね〜。
それはそれで辛いことかも。
| 韓国映画 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) |