スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ホーカス・ポーカス


あらすじ
 マサチューセッツ州セイラム。魔女伝説が今も生きる小さな町に、今年もハロウィンがやって来た。皆が盛り上がる中、高校生マックスだけが、妹ダニーのお菓子集めに付き合うハメになったため、ひとり浮かない顔。何軒目かに訪れた豪邸は、憧れのクラスメイト、アリスン(ヴィネッサ・ショウ)の家だった。急に機嫌の良くなったマックスは、彼女と妹と共に、森の″魔女の家″を探検しようと持ちかける。その家には300年前、サンダーソンという魔女の三姉妹が住んでおり、不死の魂を得るために子供たちの精気を吸い取っていたという恐ろしい言い伝えがあった。3人は村人に吊るし首にされたが、長姉ウィニーは死に際に、「いつかハロウィンの夜に、若き童貞が私たちを蘇らせる。その時は町中の子供たちを食べてやる」と言い残したという。それは迷信だと言い切るマックスは、アリスンの気を引こうと、″魔女の家″にあった″黒い炎のロウソク″に火をつける。その途端、地鳴りが起こり、ウィニー、メリー、サラの魔女姉妹が蘇った。魔女たちは早速、ダニーに目を付け、秘薬を飲ませて彼女の精気を奪おうとする。その時、どこからか黒猫が現われ、人間の言葉で「魔女の本を奪って逃げろ」と叫んだ。猫の正体は、300年前にウィニーに呪いをかけられた少年サッカリーだった。本がなければ秘薬は作れない。朝までに子供の精気を吸い取らないと、魔女たちは塵になってしまう。サッカリーに導かれ、逃げるマックスたち。そうはさせじと、ホウキに跨がって追いかける魔女姉妹。さぁ、どうなることやら・・・。

3人の魔女が
ベット・ミドラーにキャシー・ナジミー、そして
サラ・ジェシカ・パーカーと豪華。
この3人が恐ろしくもキュートな魔女になり、
あの手この手で復活を遂げようとするけれど、
最後には太陽の光を浴びて塵になっちゃうって・・・。

この3人の共演だけでサイコー評価です。
途中3人で歌いまくるシーンもあり。
やはりベットがここでは一番光ってます。

もちろんホラーでもなんでもなく、
完全なコメディ。
顔だけで笑わせてくれるベットに脱帽な作品です。
| ベット・ミドラー | 12:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
ジンクス!


「ローズ」でアカデミー主演女優賞を獲り、
ゴールデン・グローブ賞でも主演女優&最優秀新人賞を獲ったあとに
出演した第2作。


あらすじ
カジノディーラーのウィリーは、プロのギャンブラー・ハロルドには絶対勝てない、というジンクスを背負い込んでいた。ウィリーがどこへ逃げても、ハロルドが現れては大勝している。大負けしたウィリーは決まってカジノを首になる、そんなウィリーにハロルドの恋人ボニータが接近。25万ドルの保険金を手に入れるため、ハロルドを殺害する計画を持ちかける・・・。

ドン・シーゲル監督の遺作となった作品で
シーゲル監督に思い入れのある方がライナーノーツを書いていて、
ここで、ベットのことをボロクソに書き立ててます。
このDVDを買う人の多くがベットのファンであることを承知の上だとは思うんだけど、
辛らつすぎます。
この作品が失敗したのはベットの責任である、みたいな。

なんていうか、まぁ、決していい映画だとは思わないんですが・・・。
そこまでけなすか・・・って感じです。

でもベットにしてもこの作品以来、しばらく映画から遠ざかっておりました。
っていうか、この作品のせいで映画界でも歌謡界でも、しばらくの間不遇の時代が続きます。

映画は面白くなかったけど、
ベットの歌うシーンがかなりあったので良しとします。
それだけでお奨めするのもどうか・・・とは思いますが・・・。

| ベット・ミドラー | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
ファースト・ワイフ・クラブ


あらすじ
大学時代の友人が自殺し、その葬儀に参列したアニー、エリース、ブレンダ。20年振りに再会した彼女たちだったが、3人とも夫の浮気が原因で結婚生活は崩壊寸前だった。初めは夫に捨てられた妻同士で慰め合っていたものの、次第に裏切った夫への怒りが爆発!"ファースト・ワイフ・クラブ"なるものを結成し、一致団結し合って夫たちへ復讐することに…。
パワフルな熟女たちが、浮気な夫をコテンパに懲らしめる痛快コメディ!ダイアン・キートン、ゴールディ・ホーン、ベット・ミドラーというベテラン大女優たちの、個性溢れるコメディエンヌぶりが見どころ。彼女たちの滅多に見られないセルフ・パロディもポンポン飛び交い、あの手この手でたっぷり笑わせてくる。

何がすごいって主演の3人がすごい。
ゴールディ・ホーンやベットはコメディ映画にも多数出演しているけど
ダイアン・キートンがここまで!?みたいな。
まぁ、ここまで派手にやってくれたら
笑うしかないよね、って感じの映画です。

3人の主演女優に圧倒されて
他の登場人物が弱いのが唯一の難点だけど、
これは映画館で見て大いに笑わせてもらいました。

| ベット・ミドラー | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
MONA 彼女が殺された理由


ベット・ミドラーいきなり自動車事故で死んでしまう役です(悲) 
っていうか事故に見せかけて、殺されちゃう役なんですけど・・・。
どうして、こんな役を引き受けたのか、ぜひ本人に聞いてみたいです、ファンとしては・・・。
しかも、殺されて当然の嫌な女役・・・。
周りの人間に恨みを買われてた悲しい女の役。
ほんと初めて見たときはショックでした。
しかし、本当のファンはこういう役をやっていても、見ないと気が治まらないんですね・・・。
はぁ〜〜。
  
 で、内容のほうは、B級サスペンス物。
面白くないわけではないけれど、制作費もかかってないような安い作り・・・。
まぁ、キャストは豪華なのかもしれないけど。
はっきり言って、日本では受けません。
だから日本公開はなかったんだろうけど(笑)
 
 ここ最近、女優としてもちょっと落ち目名感じのベットなんで、
こういう役でも受けちゃったんだろうけど、
やはり、心にひっかるものがあるのでした。  

 でも、ボク的には面白かったんだよなぁ〜〜〜・・・
| ベット・ミドラー | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
結婚記念日


今回社会派コメディーです。

ポール・マザースキー監督
ウッディ・アレン
ベット・ミドラー主演

面白いはず・・・
きっと向こうの人には・・・。

コメディのはずなんだけど、
社会派コメディーっていうか、
ウッディ・アレンには合ってるような気がするけど、
ドタバタコメディーの得意なベット・ミドラーには
まったく合っていなかったような・・・。

っていうか、アレンとベットのベッド・シーンなんて
誰も観たくないと思いますが・・・。
いきなりですよ。
しかも入浴シーンのおまけつき。
ハテハテ・・・。

内容もくっついたり離れたり。
これって何回も観ないと
内容完全に把握できないかも。
展開速すぎました。

ベット大好きですけど、
これは正直一番好きじゃない映画かも。

お奨めじゃないけど、
今日はこの辺で・・・。
| ベット・ミドラー | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ローズ


彼女の初主演映画。
伝説の歌手、ジャニス・ジャップリンをモデルにした、といわれているが、
実際には
ジャニスを始めジミ・ヘンやその他の当時のアーティストたちの
姿を深く投影している。
アルコールに溺れ、クスリに依存し、セックスに溺れる。
そして自らの体を、命を燃やしきってしまった彼ら、彼女たちを
ローズという一人のロックシンガーに投影して、
映画は進んでいく。

シンガーとして成功していたローズだが、
心は満たされていなかった。
その満たされない心をアルコールやクスリで満たそうとするが
それでも満たされることはなかった。
彼女の心を満たせるものは
ただひとつ。
真実の愛だったのではないか。
結局彼女は体も心もボロボロに傷ついて
ステージの上で絶命する。

ベット・ミドラーの迫真の演技、
ステージパフォーマンス、
どれをとっても最高の映画です。

いい思い出のない、
それでも自分の故郷でのステージの前に
公衆電話から母親に電話をかけるローズ。
愛されたい、その想いが
このシーンに凝縮されている。

ベットの最高の映画ではないでしょうか。

この映画で
ゴールデングローブ賞 最優秀主演女優賞獲得
アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
グラミー賞 映画主題歌賞獲得
| ベット・ミドラー | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
For the Boys


第2次世界大戦から朝鮮戦争、ベトナム戦争と慰問活動を行ってきた
ディクシーとエディ。
3つの戦争を通して
軍隊慰問を続ける二人。
その間に起こる息子の戦死、赤狩りによるおじの失職。
仲たがい。
全米芸術勲章が授与されるテレビ特別番組で久しぶりに顔を合わせる。
心の中にはいろんな思いを抱えているが、
そこはプロ。
にっこり笑顔で場を締める・・・。

戦争反対のプロパガンダのような映画。
しかし、何よりもベットの歌声が堪能できるのが素晴らしい。
今回も歌手役だが、
「フォーエバー・フレンズ」よりも
ステージ上でのパフォーマンスが多くて、
歌手としてのベットのファンにはうれしい限りである。

特にベトナム戦争時の若い兵士たちに向かって語りかけるように歌う
『In My Life』
胸に染み渡ります。
その後すぐに息子が戦死してしまうシーンに繋がっていくだけに
涙なしでは見られません。

随所に詩が映画のエッセンスとなって
深い感動を生んでいます。

この作品で
ゴールデングローブ賞 最優秀主演女優賞獲得。
アカデミー賞主演女優賞ノミネート。

| ベット・ミドラー | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
フォーエバーフレンズ


初主演映画『ローズ』以降、コメディにばかり出演していた
ベットミドラーが、自身のプロダクションを設立し、製作から
取り組んだ映画。

幼い頃に知り合った二人の少女。
時を経て大人になっても文通を通じ、心を通わせていく。
そのなかで、時には喧嘩をし、
その後仲直りし、
お互いのことを理解しあい、
最良の友だとお互いを思い合う。
しかし、運命は過酷。
一人は重い病気で他界。
もう一人は残された彼女の娘を自分で育てようとする。

ベット・ミドラーは
演技よりもその歌声に魅了される。
歌手役として出演しているので、随所でその歌声を披露。
彼女の歌なしでは成立しえない作品だと思う。

話し自体はいかにも感動させようという魂胆が丸見えだが、
それでも見ないではいられない。
この作品は数10回見てます。
それほど気に入った作品です。

女同士の友情・・・なかなか難しいと聞きますが、
本当はどうなんでしょう?

主題歌『Wind Beneath My Wings』は
グラミー賞 Record of the YearとSong of the Yearの2冠を達成。
こちらもどうぞ。
| ベット・ミドラー | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |