スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
悪夢のエレベーター


●原作・脚本 : 木下半太 小説『悪夢のエレベーター』(幻冬舎文庫)より
●演 出 : ダンカン
●出 演 : 吹越満 片桐仁 中村倫也 高橋真唯

まず原作を読んでいたので内容は分かっていたが、
ところどころに時事ネタ風のギャグも盛り込み
しっかり笑いも取っていた。
小説のキャラクターと
実際の舞台で演じられる役者さんのイメージが
自分的には合わなかった。
吹越さんと中村君が同級生の役って言うのは無理があるし、
片桐さんもイケメンというのとはちょっと違うかな?
ただ原作と舞台を別物として考えれば
この配役もありかな。
笑いどころもたくさんあったし、
ただの密室系ミステリーに終わってないところが好感が持てた。

中村君がちょっと痛々しかった・・・。
オカマ役なので頑張ってはいるんだけど、
ここはやっぱり原作どおり吹越さんと同世代で
しっかりオカマ役ができる人のほうが良かったかな。
ちょっとキャンキャン騒ぐ声が耳に障ったので。

全体的にはいい舞台でした。
無理して見に行ってよい買ったな、と思える作品でした。
| 舞台 | 23:55 | comments(11) | trackbacks(91) |
ハイ、ミラクルズ   ダンダンブエノ


劇団ダンダンブエノの2008年公演作。
出演 南野 陽子
   光石 研
   前田 健
   峯村 リエ
   酒井 敏也
   山西 惇
   近藤 芳正

新聞配達をしながら町の平和を守る中年3人組に
その新聞販売店の店主である姉弟。
そして深夜勤務するパン工場の女二人。
この7人が繰り広げる可笑しくも哀しい物語。
根底に流れるのはワーキングプアの問題だったり
格差社会だったり、多分そんな感じのもの。
今の日本の社会の病巣を皮肉りながら、しっかり笑いを取る。
そして考えさせる。
時に大笑いしながら、時にしんみりしながら
あっという間の2時間でした。

何よりも南野さんファン暦23年のワタクシは
実は初生南野さんということでかなり緊張しながら観てました。

キレーでした。
41歳には見えないほど。
これからも応援しますよ、南野さん。

そして、峯村さんの面白さ、上手さに脱帽した舞台でした。
| 舞台 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |