<< 世にも不幸せな物語 | main | オオカミの誘惑 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
真夜中の弥次さん喜多さん


ってこれはコント映画ですか?
まともに見てはいけない映画ですよね?
で、最後はこれでいいの?
ありえなさすぎ。。。
もちょっとまともかと思ってたけど、
クドカンだからな〜。
まぁ、しょうがないかな〜ってな感じでした。

あらすじを追うのもめんどくさいので割愛。
っていうか筋ないよね。この映画。

まぁ、何も考えずにボケ〜ッと見るにはちょうどいいかも。
っていうか、映画館でお金払ってみたくない映画だ…。

でも出演者は豪華といえば豪華。
たったこんだけの出演?
ってなくらい贅沢な使い方ですね。
妻夫木もこんな役で?
たったこんだけ?

自分的には山口智充がおもしろかったっす。
ほんとこの人はすごいなぁ〜と思いましたね。
| 邦画 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:27 | - | - |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック